ポーンの動きはどうしてこんなに複雑なのか?

2017/06/17読み物

chess.com にてタクティクス問題を解いていたら、こんな問題が出た。長時間考えたけど解けなかった。私にとってはこの手の問題は難問である。

ポーンの特徴

下記の特徴のうち、1,2,5は他のチェス類にも似たようなルールがある。マークルックのビアはポーンと同じく斜め前の駒を取るし、将棋の歩は敵陣で成ってと金になる。将棋に慣れていると2,4は特に難しく感じる。
(ただし1,2のルールはチェスや将棋の祖であるチャトランガでも同じなので、むしろ将棋の歩が単純化されたものだと言える)

  1. 前に1マスずつ進める
  2. 敵駒を取るときは斜め前に進む。真正面の駒は取れない。
  3. 初手だけ2マス進める
  4. アンパサン(通過捕獲)がある
  5. 最終ランクに移動すると任意の駒に成れる(プロモーション)

3,4,5 のルールは比較的後期にチェスに追加されたルールらしい。そのせいか他のルールに比べて複雑だと思う。私が慣れないのも無理はない、と歴史のせいにしておこう……

読み物

Posted by